40歳から何をどう勉強するか 【著者】和田秀樹

読書履歴

【タイトル】40歳から何をどう勉強するか
【著者】和田秀樹
【ハマり度】★★★☆☆
【内容】
はじめの一歩が踏み出せない人へ――。
人生を変える「勉強法」の極意!
サビついた頭を活性化させ、
確かな未来を切り開く技術!!
まだやれる!
まだ間に合う!
今、必要なのは一歩を踏み出す勇気だ。
精神科医であり、
勉強法の第一人者である著者が、
最新脳科学、認知心理学研究を駆使して、
「歳をとったら記憶力は低下する」
という神話のウソを喝破。
やる気のない若者より、
人生経験を積んだ大人こそ、
可能性に満ちていることを証明する。
歳を重ねるごとに輝きを増す生き方のノウハウがここに!

【感想】
この本の内容は、
これからの時代、
勉強しない人は、生き残れない!
そして、いくつになっても
勉強すれば、無限の可能性がある。
勉強が出来ないのは、
やり方が悪いか、相性が悪いだけ
って、ことらしいです。
なるほど、
40歳には、40歳の武器があり
それを活かしながら、勉強すれば
まだまだ成長できる。
って、ことらしいです。
まだ諦めるのは早い!
諦めたら試合終了ですよ(^▽^)/
読書って、本当に有益ですよね~

個人的に気に入ったポイントを
まとめておきます!

「歳をとると記憶力が低下するは間違った神話」
マジっすか!?
日々感じている記憶力の低下は、
歳のせいではないのか?!
そうなると、
自分自身への甘えなのか・・・。
どうやら、歳をとったから記憶出来ない
と思い込むから、記憶できない。
悪影響を及ぼしていて
本当に記憶できなくなってしまうらしい。
うーん。頑張ってみますか。

「記憶の神経細胞は、中高年になっても増える」
脳科学の研究結果で報告されている。
これは、ショッキングな事です。
何故なら、今までの常識では
歳をとると、神経細胞は減るのみと
考えられていたのに、
減るどころか増える事がある事実!!!
まだ、諦めるには早いらしい!

「やる気のある人にはいくつになっても無限の可能性」
歳をとっても勉強をしている人には
チャンスが開かれる。
そうではない人は、路頭に迷うという時代。
その気になった人は、勉強のチャンスがどんどん広がっている
なぜなら・・・。
勉強しないと国際レベルで置いてきぼりにされる
諸外国が遠隔教育・生涯学習を充実されるので
そのおこぼれで、勉強するチャンスが生まれる
さて、あとはやるだけですね。
まぁ~、それが一番難しいですけど(;^ω^)

40歳からは、頭が悪いと思った時点で本当に悪くなる」
頭が悪いと思うことは
百害あって一利なし!
だって、勉強が苦痛になるし、
挫けやすくなる。
勉強が出来ないのは、
やり方が悪いか、相性が悪いだけと
信じて、自分の才能に必要以上に
疑問を持たないで続けることです。
なんらかの潜在能力がある!
ぐらいに思っている方が、
人生楽しいく充実して、過ごせるはず。
また、ピグマリオン効果といって、
期待された方が、
期待された人が成功する可能性が高いと
実験で明らかになっている!
誰も期待してくれなくても
自分自身は、期待してあげよう!
さて、自分を信じて
コツコツと勉強するだけですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました