ストライク・ザ・ブラッド7 焔光の夜伯 【著者】三雲岳斗

読書履歴

【タイトル】ストライク・ザ・ブラッド7 焔光の夜伯
【著者】三雲岳斗
【ハマり度】★★★★☆
【あらすじ】
ついに明かされる古城の過去! 第四真祖の秘密とは!?
“魔族特区”絃神島に突然現れた謎の吸血鬼。
彼女は先代の第四真祖、アヴローラと同じ容姿を持っていた。
真祖クラスの眷獣を自在に操る彼女はヴァトラーをも圧倒し、
古城と雪菜を追い詰めていく。
彼女との接触によって、
古城は失われていた記憶を取り戻すのだが……。
はたして謎の吸血鬼の少女は本物の第四真祖なのか。
そして、地中海に浮かぶ世界最古の“魔族特区”ゴゾで、
幼い日の古城と凪沙(なぎさ)が見たものとは?
ついに語られる古城の秘められた過去と第四真祖にまつわる秘密──。

【感想】
うーん、この巻は、主人公の思い出?
過去の出来事を思い出すシーンばかりです。
でも、これを読むと誕生の経緯がわかる。
古城の過去、基樹の過去。
いや~、色々な設定が見えてきました。
詳細は、本を読んで欲しいです。
このような、設定を考えられる作者は
本当に凄いよなぁ~。
初登場のキャラも居たし、
今後も登場するのか?楽しみです。
しかし、古城はモテますな~
非常に楽しみです。(⌒∇⌒)
読書って、本当に有益ですよね~

個人的に気に入ったポイントを
まとめておきます!

「楽しまないともったいないよ!」
凪沙のポジティブ思考は、凄すぎる。
この兄弟の状況も凄いけど
その環境を楽しめる強さ。
自分にはなかなか持てない。
それでも、なんとかメンタルが
崩壊しないように努力して、
精一杯の出向生活です。
コロナの状況での
気分転換、寂しさ、なんとかならないですかね?
卓球のおかげで、コミュニケーションが取れてます。
ワンズ卓球場に感謝!

卓球療法士K
卓球療法士K

やはり、人生楽しんだもの勝ちかな~ ヽ(^o^)丿

「極めて希少な混成能力者!」
凪沙ちゃんそんな能力持っていたの?!
普段の天然キャラからは、
想像も出来ないっすよ。
ただ、掛け合わせて、レアな存在になる。
これは、堀江貴文さんが言っていたことと
同じことかな?
こんなところで、ビジネス書と繋がってくるとは!
読書って、色んなところと繋がりが生まれる
面白いなぁ~。読書って!

シロちゃん
シロちゃん

シロちゃんもレアな存在です。(⌒∇⌒)

「俺は利用価値があるものは利用する」
成功者は、一人だけで成し遂げている
訳じゃないですよね。
周りにあるものを味方につける。
これが、上手くないと大成功はしないだろう。
所詮。1人だけの力では限界がある。
その限界を突破するには、
周りを利用すべきなんだろうなぁ~
自分自身では、なかなか出来ないかな~

コメント

タイトルとURLをコピーしました